ノーエッジシューズの踏み方

 

2015年にスポルティバから発売されてたフューチュラというクライミングシューズが革新的でした。

それまではソールは靴の底面に貼られているのが常識とされていたのが、つま先を覆うようにソールが巻き付けられています。いわゆるノーエッジコンセプトです。

値段も挑戦的でした。一般的なクライミングシューズは高くても2万円ぐらいだったのが、フューチュラは2万5千円しました。

あまりにも革新的なこのシューズはその目新しさで注目されましたが、値段が値段なので今でもあまり普及していないようです。

フューチュラは2018年にリブートとしてリニューアル販売されたので多少は見かけますが、ジーニアスとマーベリンクはもうほとんど見かけなくなってしまいましたね。

 

私はフューチュラしか履いたことがないので、フューチュラについてしか語れませんが、フューチュラのよいところ悪いところ、シューズ独特の足の使い方についてまとめてみたいと思います。ジーニアスもマーベリンクもどちらも足への拘束方法が違うだけなので、読み替えてもらえればと思います。

 

1.フューチュラのよいところ

まずメリットから。ノーエッジのメリットは足が残しやすいところです。

他のシューズではつま先立ちで届かないところに、フューチュラでは届きます。

なぜか?

それはつま先にあるソールが靴の前方向にもあることで、足を立てたとき(足をピンと伸ばしたとき)にもフリクションが働くからです。

足が残るということは距離出しができます。

遠くのホールドに手が届くようになります。いうなれば、足が数cm伸びた感じになります。これは、つま先のソールが少しでも触れていればフリクションが発生するためです。

そして、足が残ることにより、余計な力を使わなくて済むため、省エネになります。

あと、つま先の感覚がよく分かります。スラブやバランス感覚が重要な場面で効果を発揮します。

 

f:id:TurzzyX:20190504191629j:plain

エッジングシューズのつま先(踏み込んだとき)

f:id:TurzzyX:20190504191727j:plain

ノーエッジシューズのつま先(踏み込んだとき)

 

2.フューチュラの悪いところ

今度は逆にデメリット。ノーエッジのデメリットは足を切らずに登れるぐらいのオブザベ力が必要となるところでしょうか。

足をばんばん切って登るスタイルの方はこのシューズはなにもメリットを感じられないでしょう。

ムーブの引き出しが多い方がこのシューズのメリットを引き出せます。

また、慣れが必要です。エッジがないため、他のシューズでエッジを使って登るところは全てスメアリングあるいはスメッジングで登る必要があります。

力を入れるポイントもほんの少しつま先側に移動します。

そして、足も少し伸びた感じがするので、飛びつく動作のときに飛びすぎたりします。

 

3.フューチュラの足の使い方

 では、基本的な足の使い方の説明です。

・ホールドに乗るときは、つま先の30〜45°付近を押しつける感じにしましょう。

・乗り込んだ後、次のホールドを取るときは、体幹でしっかり身体を固めて、ギリギリまで足を残します。つま先まで意識を向けましょう。

・つま先を離すときは、次のホールドを取って安定してからです。少しでも接していればかなりフリクションがあるのでギリギリまで足を残しましょう。

 

こう書いてみると、リードクライミング向けのシューズのように見えてきます。

もちろんボルダーでも行けますが、足をよく切る傾斜壁のラインセットの課題では相性が悪いときがあります。スラブやバランス系課題はつま先感覚が鋭敏なため、向いています。

また、足の長さが数cm伸びる感覚の恩恵を受けられるのは、他のシューズでホールドが届かないなど起こりうる身長の低い女性や、キッズクライマーでしょうか。

 

 

 

私がフューチュラをおすすめするのはこんな人です。

・リードクライマー

・女性、キッズクライマー

・ボルダラー(スラブ、バランス系課題を落としたい人)

 

ムーブが無意識に出せるぐらいのオブザベ力と経験がある中級者以上におすすめします。

 

そういえば、2019年のワールドカップで、アダム・オンドラは、強傾斜課題をソリューションで、スラブ、バランス系課題ではフューチュラに履き替えていましたね。

 

フューチュラ


IFSC Climbing World Cup Meiringen 2019 - Bouldering Finals

 

ソリューション


IFSC Climbing World Cup Meiringen 2019 - Bouldering Finals

 

ではでは。

楽しく登りましょう。

よしなに。

Furia80を履き始めました

先週からFuria80を履き始めています。

このシューズはScarpaの創立80周年記念モデルとして生産され、900足限定生産となっています。

80anniversary.scarpa.net

ヨーロッパ内であれば、割と手に入れやすいようですが、日本に入ってくる気配が全くないので、有名なクライミング用品の海外通販サイトで注文しました。

注文したのが1月、届いたのが2週間後。

このような箱で届きました。

通常のクライミングシューズの2倍のサイズの箱です。

f:id:TurzzyX:20190430095108j:plain

Furia80 箱

開けてみました。

シューズはいわずもなが、色々入っています。

・シューズバッグ

・小物バッグ

・ピンバッジ

・IDカード

・シールなどなど

f:id:TurzzyX:20190430095304j:plain

Furia80 箱の中身

シューズ外観はこのような感じです。

ベースとなっているFuriaSと違うところとして一番わかりやすいのが、カラーリングが赤を基調としているところです。

FuriaSとの違いが一番気になるところかと思いますので、いろいろ写真を見ていきたいと思います。

f:id:TurzzyX:20190430095602j:plain

Furia80 外観

 上の写真を見たときに、つま先にゴミがついていると思ったかもしれませんが、これはゴミではありません。

FuriaSの一番の特徴であったインテグラルパワーリブというかかとから伸びていたゴムの部品がFuria80ではつま先まで伸びて、折り返してここに接着されています。

f:id:TurzzyX:20190430100055j:plain

Furia80 つま先


なぜインテグラルパワーリブをつま先まで伸ばしたか。使ってみて2つの理由があることが分かりました。

1つは、つま先の摩耗対策です。

FuriaSと並べてみると分かりますが(左がFuria80 右がFuriaS)、FuriaSは長く履いているとつま先部分のゴムが擦れてしまいます。

この対策のためつま先まで伸ばしているものと思われます。

f:id:TurzzyX:20190430100536j:plain

Furia80とFuriaSのつま先比較

 2つめはフィット感向上のためです。

つま先まで硬いリブが伸びているため、Furia80を履くとつま先側とかかと側の両方から挟み込まれるような密着感が生まれます。

これによって今までにないような足に吸い付くようなシューズになっています。 

 

色々な方向から撮ってみました。

上から。赤の中に緑のワンポイントがあって映えます。

ターンインはFuriaSと同じです。

f:id:TurzzyX:20190430101228j:plain

Furia80 上から

赤と黒がベースなので、イボルブのアグロと見間違えそうですね。

ダウントゥもFuriaSと同じですが、つま先まで伸びているインテグラルパワーリブが少し硬い気がします。

f:id:TurzzyX:20190430101437j:plain

Furia80 親指側

ベルクロ部分はFuriaSより短くなっていました。FuriaSのベルクロは長すぎたので調整したのでしょう。

f:id:TurzzyX:20190430101512j:plain

Furia80 小指側

ソールに丸い穴が3つ空いています。

スポルティバのスクワマでも同じように三角形の穴が空いていますね。

あまり効果は感じとれませんでした。

f:id:TurzzyX:20190430101607j:plain

Furia80 裏側

FuriaSはスリングショットの中にインテグラルパワーリブが入っていましたが、Furia80では外に出ています。

どういった効果があるのかは分かりません。

f:id:TurzzyX:20190430101652j:plain

Furia80 かかと側

また正面に戻ってきました。

FuriaSとはパンチングの穴の数と配置が全く違います。

とくに小指側のパンチングが顕著ですね。Furia80にはありません。

f:id:TurzzyX:20190430101853j:plain

Furia80とFuriaS

 

一通り外観を見てきました。デザインは初代Furiaを彷彿とさせるかっこよさです。

次はFuria80を履いて登った感想です。

 

この靴はFuriaSとは違うコンセプトのように感じました。

FuriaSよりも硬めの靴です。上の写真でも分かるようにパンチングが小指側にないため拘束力が増しています。

また、インテグラルパワーリブがつま先まで伸びていることによって、

1.足裏感覚が少し弱め

  つま先裏にリブが通っているので、感触が薄めでした。

2.強力な拘束感

  前後から挟み込まれているので、フィット感がすごいです。

でした。

あとは

3.不意につま先で壁キックしてもつま先が痛くないことでしょうか?(笑)

 

その他はほぼFuriaSの特徴を引き継いでいます。

ヒールがぴったりとした靴なので、潰して引っかけるフックと感覚が違います。

ターンインもダウントゥも同じです。

 

 

ひとことでコンセプトを言うと、「硬くて軽い靴」でしょうか?

記念モデルなのでこういう靴があってもいいのではと思います。

ただ一点だけ不満をあげるとすると、インテグラルパワーリブによって前後から挟み込まれる構造上、全く伸びないということです。

FuriaSと同じサイズで注文したので、痛くて最初は全く履けませんでした。

シューズストレッチャーで伸ばしたり、靴下クライマーを一時的に止めて何とか履いています。

f:id:TurzzyX:20190430105615j:plain

Furia80 シューズストレッチャーで伸ばすの図

 

以上です。

それでは楽しく登りましょう。

よしなに。

f:id:TurzzyX:20190430105728j:plain

Launch Furia80

 

クライミングをしていないときのケアについて

 

今回は、クライミング をしていないときのケアについて、まとめてみようと思います。

ちなみに、クライミング中はBCAAでも飲んでおけばいいし、クライミング直後についてはアイシングをしましょう。

BCAAはこのあたりがおすすめです。

BCAA+G1000 レモネード味 1kg [並行輸入品][海外直送品]

BCAA+G1000 レモネード味 1kg [並行輸入品][海外直送品]

 

  

日本のメーカの方が安心という方はこちらをどうぞ。

 

アイシングについては、帰宅後でもいいので、10分ぐらい冷やしましょう。

翌朝の指の状態が違います。 

三重化学工業 アイシングフィットG(指用3コ入) MIF-004

三重化学工業 アイシングフィットG(指用3コ入) MIF-004

 

 

閑話休題

これから紹介するケア方法は、基本的にはクライミングをしない日は毎日行っているものです。

 

 

1.ハンドクリーム

ライミング中は手を乾燥させた状態を維持するために、チョークを手に付けます。

そのため、クライミング後は手は乾燥しています。また、手をホールドや壁にするため、手の怪我が絶えません。手の怪我を早めに治すには手の乾燥を防ぐハンドクリームを塗るのを習慣づけるといいです。

別にクライミング用の物でなくていいので保湿に優れたハンドクリームを塗りましょう。

例えば、ニベアとか。なんでもいいです。

ニベア クリーム チューブ 50g

ニベア クリーム チューブ 50g

 

 

 2.サプリメント

とにかく関節に負担のかかるスポーツなので、関節の回復効果がある(らしい?)グルコサミンのサプリメントを取っています。

グルコサミンはビタミンCと合わせて飲むと吸収率が上がるので、一緒に飲んでいます。

そして、DHA中性脂肪を下げるためついでに飲んでいます。これはクライミングと関係があるかは分かりません。

 

グルコサミン&コンドロイチン・プラスMSM 180カプセル 海外直送品

グルコサミン&コンドロイチン・プラスMSM 180カプセル 海外直送品

 
大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーマルチビタミン&ミネラル 120粒

 
大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA) 90粒 [機能性表示食品]

 

 

3.プロテイン

成人の1日のタンパク質摂取量目安は、体重の1000分の1〜500分の1です。つまり体重60kgの人であれば60g〜120g、クライミングは筋肉がつきすぎても行けないので、中間あたりの90gぐらいを目安にしましょう。

そうすると、普通朝はタンパク質はとりませんから、昼と夜で45gずつとることになるので、結構がっつり食べないと行けなくなってしまいカロリーを取り過ぎてしまいます。

なので、朝昼夜で20g、40g、30gぐらいを目安にとるようにしています。

これぐらいのバランスならば実現可能です。

タンパク質はギリシャ語で「第一の食べ物」という語源があります。ちゃんと目安量を摂取するよう心がけましょう。 

ザバス(SAVAS) ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 1,050g

ザバス(SAVAS) ウェイトダウン チョコレート風味【50食分】 1,050g

 

 

4.指ストレッチ1(指を独立して伸ばすやつ)

登った日は関節が炎症を起こしているのでやらないでほしいのですが、翌日ぐらいに痛みが引いてきたときに試してみてほしいです。

・右手で左手人差し指を掴み、その他の指をたたみます

・左手人差し指を右手で手の甲側に倒します(10秒ぐらい)

・他の指も同様に順に倒していきます。左右やります。


パキり防止・指の強化につながる指の筋膜ストレッチ

 

5.指ストレッチ2(指の間の水かきを押さえて伸ばすやつ)

これもどこかで見たのですが、忘れてしまったので、やり方だけ説明します。

・左手のひらの人差し指と中指へ伸びている骨の間を右手で摘まみ軽くほぐします

・ほぐしながら、人差し指を曲げたり伸ばしたりします

・他の指も同様に、手のひらの骨の間をほぐして指を曲げ伸ばします

 

5年近く登っていますが、これらのケアのおかげか、パキったりクライミングができなくなるような怪我は皆無です。

もちろん登るときに無理な体勢を取らないこと、取るような体制になる課題は避けることは気をつけています。

クライミング 登る前の準備運動

ライミングジムに行くと、すぐに壁にとりつきたくなりますが、よく見渡してみると、たいてい隅っこで準備運動をしている人がいます。

そういう人に限って強いです。

今回は私が普段やっているクライミング前の準備運動を紹介します。

自分のストレッチに取り入れるなりお好きにどうぞ。

逆にこれがいいというのがあれば教えて下さい。

 

1.手首のストレッチ(手のひら側)

2.手首のストレッチ(手の甲側)

3.肩のストレッチ1(横)

4.肩のストレッチ2(縦)

5.肩のストレッチ3(背中)

6.股関節のストレッチ1(開脚)

7.股関節のストレッチ2(内股)

8.ハムストリングのストレッチ1(外側)

9.ハムストリングのストレッチ1(内側)

10.背中のストレッチ

11.伸脚

12.アキレス腱ストレッチ

 

順に紹介します。

 

1.手首のストレッチ(手のひら側)

 手首を伸ばします。右手の先を持ち、手の甲側へ曲げていきます。

 ちょっと痛いかなというところまで曲げます。左手も同様です。

stretchpole-blog.com

 

2.手首のストレッチ(手の甲側)

 手首を伸ばします。右手の先を持ち、手のひら側へ曲げていきます。

 肘を少し曲げてやると、伸ばしやすいです。左手も同様です。 stretchpole-blog.com

 

3.肩のストレッチ1(横)

 右手を左方向へまっすぐ伸ばして、左手でロックします。肩が痛くない程度に伸ばします。左手も同様です。

stretchpole-blog.com

 

4.肩のストレッチ2(縦)

 背中の右肩甲骨を触る感じで上から右手を入れます。肩が外側に伸びていることを感じましょう。肘のストレッチではないので間違えないように。左手も同様です。

stretchpole-blog.com

 

5.肩のストレッチ3(背中)

 両手を背中側で組んで、手を上へ上げていきます。肩に痛みが出ないぐらいに無理せずあげます。

あんまり例がないですね。

別のストレッチに変更予定です。

www.climbing-net.com

 

6.股関節のストレッチ1(開脚)

 ここから座ってストレッチです。

 できるだけ開脚して、右手で右足を掴みます。掴めない場合は足首を掴みましょう。物足りない場合は、左手も伸ばして両手で右足を掴みます。左側も同様です。

 

7.股関節のストレッチ2(内股)

 両足の裏を付けて、膝を床に付けたまま、足裏と股間の間を狭くしていきます。

 限界まできたら少し揺すって伸ばします。

 

8.ハムストリングのストレッチ1(外側)

 右足だけ正座をして、左足は伸ばします。そのままゆっくり倒れて、背中を床に付けます。太ももの前面が伸びます。左足も同様です。

 

9.ハムストリングのストレッチ1(内側)

 体育座りの上体から右足首を左足の太ももあたりに乗せて、尻を浮かせます。

 太ももの内側が伸びます。左足も同様です。

 

10.背中のストレッチ

 左足を伸ばし、右足をたたみます。そこから、右手で左手を掴んで腕をロックします。その状態のまま身体を少し起こします。起こそうとすると、背中が伸びます。

 

11.伸脚

 準備運動の定番ですね。伸脚です。できれば、両足の足裏を付けたまま伸脚できるといいです。

 

12.アキレス腱ストレッチ

 これも定番です。右足を前に出し、左足を後ろへ。両足裏とも床に付けたまま左足のアキレス腱を伸ばします。

 

 

私は登る前にこれくらい準備運動をしています。

慣れてくると、このメニューで10分から15分ぐらいです。

 

 途中から文字だけになってしまいました。

メニューはこの本をベースに徐々にアレンジを加えてきました。

走れるカラダになる 体幹「3S」メソッド

走れるカラダになる 体幹「3S」メソッド

 

 

私も始めた頃は、ほとんど準備運動をしていませんでした。そのときは6級がちょうどよいレベルぐらいでしたが、ちゃんと準備運動をするようになって、5級、4級、3級と徐々にグレード更新していったことを覚えています。

早く登りたいので、準備運動を省きたい気持ちはありますが、身体が温まっていないまま登ってしまっては、怪我の元です。怪我をしないことが上達の一番の秘訣です。

必ず準備運動をするようにしましょう。

クライミングのテーピングあれこれ3(テーピング準備編)

 

ニューハレテープの紹介記事です。

指以外の箇所に貼る場合は、対象の部位を伸ばしたり縮めたりしたときに、長さが大きく変わります。

以下のような非伸縮タイプのテーピングを貼ってしまうと、身体の動きに制限がかかってしまいます。 

 

手首や肘、肩などに貼るにはテーピング自体が筋肉の伸縮に合わせて伸び縮みしてくれるタイプがおすすめです。

伸縮タイプのテーピングというのが市販されています。

有名なのはニューハレというメーカが出しているテーピングです。

日本のメーカです。日本の有名クライマーの野口啓代さんや伊藤ふたばさんなどが愛用していることで使っている人も多いはず。

タイアップモデルも発売されています。

 

これをそのまま貼ってもいいのですが、1本30cm固定で4本入りで約1000円するためコストパフォーマンスが悪いです。

まずは、このプレカットタイプで効果を確認してから、ロールタイプのテーピングを買うことを想定しているようです。

 

ロールタイプには5mと34mがあります。

年単位で続ける気があれば34mがおすすめです。(34mあればだいたい1年ぐらい持ちます。)

 

5mで約1000円

 

34mで約3500円 

 

テーピングで強くなるわけではないですが、怪我の予防として効果があります。

長期的に見て貼っておくことをおすすめします。

貼り方については、前回の記事をごらん下さい。

turzzy.hateblo.jp

 

クライミングのテーピングあれこれ2(指以外編)

前回は私の現在のクライミング中のテーピングの仕方第1段として、指編を書きました。

今回は指以外編です。

 

2.手首のテーピング

私が手首に巻くのはニューハレの伸縮性テープです。

 

 

ロールタイプのものを自分の手首の太さに合わせて17cmに切って使用しています。

 

テープの張り方はここを参考にしました。

www.towatech.net

 

1.手首の甲側にはがしたテープの端を乗っけます

2.テープを剥がしながら手に巻いていきます

3.手首の側面では少し強めに引っ張り、手のひら側は引っ張らずに乗せるように貼ります

4.一周させて完成です。上からしっかりこすって剥がれないようにします

 

3.肩のテーピング

肩に貼るのもニューハレの伸縮性テープです。

ロールタイプの物を自分の肩のサイズに合わせて30cmに切って使用しています。

 

テープの張り方はここを参考にしています。

new-hale.com

1.脇を締めたまま胸を後方へ引いて、三角筋の胸側を伸ばします

2.三角筋の下からテープを貼り始めます。テープは伸ばさずに貼ります

3.肩を包むように三角筋に沿わせて上方へ貼り付けていき完成

 

4.肘のテーピング

肘に貼るのもニューハレの伸縮性テープです。

ロールタイプの物を自分の肘から手首までのサイズに合わせて25cmに切って使用しています。

 

テープの張り方はここを参考にしています。

new-hale.com

 

1.指が自分の方へ向けて、手のひらを床などに押しつけて前腕の筋肉をしっかりと伸ばします

2.手首側から肘の骨までテープを剥がしながら貼ります。テープは伸ばさずにはります

 

5.その他のテーピング

これまでに紹介したニューハレの伸縮性テープの貼り方は全てニューハレのHPに載っています。

他の部位も載っているので、興味があれば参照してみて下さい。

 

ニューハレ 伸縮性テープの貼り方1(クライミング・上半身編)

new-hale.com

 

ニューハレ 伸縮性テープの貼り方2(下半身編)

new-hale.com

 

ニューハレ 伸縮性テープの貼り方3(末端部位編)

new-hale.com

 

以上です。

テーピングを貼るだけで上達はしませんが、怪我の予防になるので、長期的にみて巻くことをおすすめします。

 

最近は色々な柄のテープがありますので、おしゃれのワンポイントとして貼るのもいいかもしれません。 

 

ロールタイプのテープはテープの角が立っているので、そのまま貼ると剥がれやすいです。

次回は、ロールタイプのテープの末端処理の仕方について書いてみたいと思います。

 

ではでは。

クライミングテーピングあれこれ1(指編)

ライミングをしていると指の皮がすり減ってきます。

ときには皮がめくれてしまったりします。

これはホールドを指の摩擦力で保持しているからです。

また、基本的には全身に負荷のかかるスポーツなのですが、課題によっては、特定の部位に負荷が集中することもあり、その部位だけ痛くなることもあります。

 

というわけで、今回はクライミングのときに私がつけているテーピングについて紹介したいと思います。

 

今回は指編として次回指以外編とします。

 

1.指のテーピング

指のテーピングについては以前の記事にも書いたのですが、現在は少し変化しています。

 

turzzy.hateblo.jp

 

右手は上の過去記事のと同じように第二関節と指の付け根の間にテープを貼っていますが、左手は貼らなくなりました。

その代わりに左手は中指に屈曲防止のためのテーピングをしています。

それは、私の左手中指が曲がりきらなくなってしまったからです。

ライミングを長年続けているとだんだんと猿に近づいているようで(やや誇張)、負荷のかかる中指は関節の炎症(おそらく)により指の可動域が狭くなりました。

登るときは全く支障はありません。

ただし、不意に想定外の方向へ曲がる力が加わることがあるため、保険としてテーピングをしています。

 

テーピングの貼り方はここを参考にしています。

ここではテーピングの下にアンカーを貼るように書かれていましたが、私は面倒なのでアンカーを省略しています。若干ずれますが、途中で張り直して調整しやすいです。

www.battlewin.com

 

使うのは以下のテープです。右手のテーピングに使っているものと同じです。安くて品質も高いのでおすすめです。 

 

1.指の甲側の第二関節を中心にして×(バッテン)の形に貼ります

 

f:id:TurzzyX:20190304232029j:plain

×の形に貼る

2.指を曲げた状態で指の第二関節と根元の間にテープを巻きます

f:id:TurzzyX:20190304232045j:plain

テープを巻く


 

3.同じように第一関節と第二関節の間にテープを巻きます

 

f:id:TurzzyX:20190304232102j:plain

反対側もテープを巻く

これで指の可動域を制限できるので、安心して登れます。

指の可動域を治す方法は調べた限りなさそうなので、気長に付き合っていくつもりです。

 

次回は指以外(手首、前腕、肘、肩)のテーピングについてご紹介します。